温泉

うるはだの湯 玉造温泉

ここ玉造温泉は「日本一のうる肌」の温泉地。

奈良時代(天平5年 733年)、温泉を語った日本最古の文献「出雲風土期」に「老若男女が毎日集まり、酒を飲み踊り歌い」と記されている玉造温泉。

「お湯に一度入ると容姿が端正になり、再び入れば万病が治る」。

こうしてこの湯を「神の湯」と呼ぶ。と綴られております。

「出雲風土記」の詞を借りるなら「昔から今にいたるまで、その見事な効能を得ないことはない」の言われており、玉造温泉は「温泉総選挙2016」において【うる肌部門】第1位と、栄えある【環境大臣賞】をダブル受賞しております。

「温泉総選挙」とは「うるおい日本プロジェクト」が環境省と官公庁後援のもと実施している全国の温泉コンテストであり、環境大臣賞とは各部門賞から1つの温泉だけが選ばれる狭き門なのです。

もちろん我々清風荘の湯も玉造温泉のお湯を使用しております。

お客様からも肌がもっちりした気がする等のお声を頂いております。

まずはゆっくりと温泉に体を沈めてください。そして手で体をなでれば、まるで美容液のようにさらっとした触感に気付かれると思います。

源泉温度が低く、加熱保温のために循環器を利用していますが、常に源泉を注入してかけ流しています。その為温度調整が難しく、熱いお湯の時もありますが成分を薄めたくはありませんので少し我慢をお願いできればと思います。



ご利用時間  PM 15:00 〜 23:30  AM 6:00 〜 10:00

当館最強のパワースポット まがたまの湯、つるぎの湯

「極上のうる肌の湯と館内から採取されたメノウのパワー効果でキレイの相乗効果」

何度もしつこく説明させて頂いておりますが日本一のうる肌の湯がウリの当館の温泉。
浴床にメノウを張りつめておりますがこのメノウは当館が建築された時に庭から掘り出されたものを使用しております。
メノウは身体の休暇・奮闘の力を生み出すエネルギーが生まれ、あらゆる邪気をよせつけぬ強くたくましいパワーを身に着ける事が出来ると言われております。

うる肌の湯が張られたメノウ風呂に入ればそれだけで何か見えない力が宿りそう。そんな当館の温泉をお楽しみください。

清風荘
〒699-0201
島根県松江市玉湯町玉造1183-1
Tel. 0852-62-0031